生命保険 受取人 死亡 / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 相続に関するキーワード > 生命保険 受取人 死亡

生命保険 受取人 死亡

  • 生命保険は相続財産に含まれる?相続発生時の注意点とは

    基本的に生命保険は、万が一の場合に備えて契約しておくものですが、場合によっては相続対策として用いられることもあります。以下では、生命保険を相続対策として用いることができるのか、そして相続対策として用いる場合に注意点についてご紹介します。 生命保険は「みなし相続財産」として原則として相続税の課税対象となりますが、「...

  • 損害賠償

    3:死亡事故の場合・死亡慰謝料・(亡くなるまでの)治療費・葬儀費・逸失利益 ■損害賠償については弁護士にご相談を損害賠償請求が可能な項目は、事故の様態により異なります。また、場合によっては請求項目が多数に上ることもあり、被害者の方がお一人で把握することは非常に難しいものです。十分な損害賠償をしてもらうためには、弁...

  • 死亡事故

    交通事故の中でも、最悪のケースが死亡事故です。近年では、園児や小学生の列に自動車がつっこむといった、悲惨な事故も何例か起きており、心が痛むばかりです。このページでは、こうした死亡事故について詳しく解説していきます。 ■死亡事故における加害者の責任交通事故の加害者には、3つの責任があります。1つ目は、刑事上の責任で...

  • 人身事故と物損事故の違い

    広い意味でとらえて、被害者が亡くなられてしまった事故も含んだ使い方がなされている場合もありますが、そのような事故は正確には死亡事故といわれます。人身事故には、後遺症、とくに自賠法施行令に定められた条件を満たした後遺障害が残ってしまったケースも含まれます。 ■物損事故とは物損事故とは、文字通り『物が損壊されてしまっ...

  • 相続の流れ

    相続をするためには、死亡届の提出や遺言書の確認などの様々な手続きが必要となります。その手続きには期限が定められているものが数多くあります。ここでは、遺産相続の手続きとその流れについて、手続きの期限ごとに解説をしていきます。 ⑴7日以内死亡診断書を取得し、死亡届を提出することから相続の手続きは始まります。大切な方を...

  • 相続放棄の手続きや必要書類

    そこで、相続人は被相続人の死亡から3か月以内に意思表示することにより相続人としての地位を放棄し、一切の権利義務の承継を免れることが認められています。相続放棄の意思表示をした相続人は、初めから相続人ではなかったものとして扱われます。 ■相続放棄の手続きと必要書類相続放棄の意思表示は、家庭裁判所に対して必要書類を提出...

  • 遺留分とはどんな制度?

    遺留分侵害額請求は、原則として被相続人の死亡から1年間以内に行使しなければならないということになります。 外山法律事務所は、大阪市西天満を中心に、東大阪市・八尾市・藤井寺市・大東市・堺市・吹田市・豊中市・和泉市・岸和田市など大阪府全域にお住まいの皆様からのご相談を承っております。遺留分など、遺産相続に関するあらゆ...

当事務所が提供する基礎知識

  • 後遺障害

    後遺障害というキーワードを聞いたことがある方は、あまりいらっしゃらないかと思います。このページでは、交通事故の後遺障害に...

  • 婚姻費用

    離婚を検討した夫婦が、別居といった選択をした場合、しばしば問題となるのが婚姻費用の問題です。「婚姻費用ってなに?」「婚姻...

  • 生命保険は相続財産に含ま...

    基本的に生命保険は、万が一の場合に備えて契約しておくものですが、場合によっては相続対策として用いられることもあります。以...

  • 過失割合の決め方

    過失割合は、交通事故の重要なキーワードの一つです。ここでは、過失割合について詳しくみていきます。 ■そもそも過...

  • 遺産分割

    故人様の遺産をそれぞれの相続人が所有できるようにするためには遺産分割をすることが必要です。相続が開始したからといってすぐ...

  • 損害賠償

    交通事故の被害に遭った際には、多くの費用がかかります。発生するさまざまな費用は、保険金や損害賠償を相手に請求することでカ...

  • 人身事故と物損事故の違い

    交通事故を大きく二つに分けると、人身事故と物損事故に分けることができます。皆さんも聞いたことがあるでしょうこの二種類の交...

  • 不倫による慰謝料請求の時...

    ■不倫の慰謝料請求の時効は何年?不倫の慰謝料請求、すなわち不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条、710条)の消滅時...

  • M&A

    後継者が未定で事業承継ができない、そもそも会社を自分の代で畳もうと思っている、という経営者の方もいらっしゃるでしょう。こ...

  • 自賠責保険・任意保険など...

    「自賠責保険には加入しているが、交通事故の当事者となった際に問題はないのだろうか。」「任意保険に加入しているが、弁護士費...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ