人身事故と物損事故の違い / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 交通事故 > 人身事故と物損事故の違い

人身事故と物損事故の違い

交通事故を大きく二つに分けると、人身事故と物損事故に分けることができます。皆さんも聞いたことがあるでしょうこの二種類の交通事故ですが、いったいどのようなところが違うのでしょうか。このページでは、人身事故と物損事故の違いについて詳しくご説明してまいります。

 

■人身事故とは
人身事故とは、文字通り『人が怪我をしてしまった事故』をさします。広い意味でとらえて、被害者が亡くなられてしまった事故も含んだ使い方がなされている場合もありますが、そのような事故は正確には死亡事故といわれます。人身事故には、後遺症、とくに自賠法施行令に定められた条件を満たした後遺障害が残ってしまったケースも含まれます。

 

■物損事故とは
物損事故とは、文字通り『物が損壊されてしまった事故』をさします。人の乗っていない駐車中の車が壊されたり、営業中の店舗の一部が壊されたりといったケースが代表的な物損事故です。場合によっては、人が乗っていた車の事故であったとしても、怪我がなく被害者側も納得した上で物損事故とするケースもありますが、あまりおすすめしません。むちうちなど、後から身体に症状が現れるケースもあるからです。

 

■人身事故と物損事故の違い
人身事故と物損事故の大きな違いは、自賠法が適用されるかどうかです。自賠法とは、自動車損害賠償保障法のことです。
自賠法は、『自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的』として作られました。(同法第1条)

 

自賠法には二つの特徴があります。
1つ目は、無過失責任主義です。
無過失責任主義とは、加害者側が無過失であったことを立証する責任があるとして、立証できない場合には過失があったものとする考えのことです。
交通事故の場合、過失が一切なかったことを立証するのは非常に難しいため、被害者側からしてみると、相手の過失を立証せずとも損害賠償を請求することが可能になるのです。
2つ目は、運行供用者責任です。
運行供用者責任とは、事故の直接的な加害者である車を運転していた人だけでなく、車を実質的に支配していた人にも責任を問うことができるとすることです。
上記二つの特徴を持つ自賠法ですが、人身事故には適用されますが、物損事故には適用されません。
物損事故で損害賠償請求をする場合には、被害者側が加害者に過失があったことを立証した上で、民法上の不法行為責任(民法709条)として損害賠償請求する必要があります。

 

外山法律事務所は、大阪市西天満を拠点としながら、東大阪市・八尾市・藤井寺市・大東市・堺市・吹田市・豊中市・和泉市・岸和田市など大阪府全域で活動しております。交通事故についてお悩みの方は、外山法律事務所までお気軽にご相談ください。
ささいな疑問などであっても構いません。法律と交渉のプロである弁護士が親身に対応させていただきます。

当事務所が提供する基礎知識

  • 資金調達

    事業承継には様々なお金が必要になります。例えば、分散した株式を買い取るための資金、贈与税や贈与税を支払うための資金など、...

  • 遺言作成

    遺言は遺言者の意思を表示し実現するための制度です。遺言書を書き遺言者の持つ財産の処分方法を明確にすることで、故人様の死後...

  • 脊髄損傷・脊椎損傷

    交通事故で脊髄損傷・脊椎損傷などの重傷を負ってしまったような場合には障害等級認定としてその症状に応じて別表第1の1級1号...

  • 高次脳機能障害

    交通事故の被害にあってしまい高次脳機能障害を負ってしまった場合、相手方との間で損害賠償を求める際にはまず障害等級認定を受...

  • 損害賠償

    交通事故の被害に遭った際には、多くの費用がかかります。発生するさまざまな費用は、保険金や損害賠償を相手に請求することでカ...

  • 症状固定とは

    交通事故による怪我の治療においてしばしば用いられる言葉に、症状固定というものがあります。このページでは、交通事故に関する...

  • 相続の流れ

    相続をするためには、死亡届の提出や遺言書の確認などの様々な手続きが必要となります。その手続きには期限が定められているもの...

  • 同乗者は慰謝料請求できる...

    ■同乗者も慰謝料請求ができる交通事故の被害にあった同乗者も、慰謝料請求ができます。慰謝料請求の相手方は、相手方または、相...

  • 遺産分割

    故人様の遺産をそれぞれの相続人が所有できるようにするためには遺産分割をすることが必要です。相続が開始したからといってすぐ...

  • 不貞行為(浮気・不倫)

    離婚問題においてしばしば用いられる言葉に、不貞行為というものがあります。このページでは、離婚に関するさまざまなキーワード...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ