遺留分 計算 / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 相続に関するキーワード > 遺留分 計算

遺留分 計算

  • 養育費

    「養育費はどちらが払うべきなのか?」「養育費ってどのように計算しているの?」こうした疑問を持たれる方は多くいらっしゃいます。このページでは、離婚する際に考えなければならない子どもの養育費について詳しく解説していきます。 ■そもそも養育費とは子どもがいながら離婚する場合には養育費について考えなければならない、とご理...

  • 相続の流れ

    遺留分の請求期限は1年と決められています。■遺留分減殺請求故人様の遺言は法定相続分よりも優先されますが、遺言で分割の割合が指定されていたとしても、本来の相続人は法定相続分のうち一定割合を遺留分として請求し、取り戻すことができます。1年以内は他の手続きよりは長い期間ですが、内容証明郵便などで証拠を残しておくことが必...

  • 遺産相続のトラブル

    兄弟姉妹以外の法定相続人には遺留分というものがあります。これは法律で定められた最低限の相続分です。故人様が遺言で内縁の妻などの法定相続人以外に遺産を与えるとき、その割合が大きすぎると法定相続人の遺留分が侵害されてしまう可能性があります。遺留分を侵害された相続人は遺留分減殺請求によって侵害された分を取り戻すことがで...

  • 自己負担なしで弁護士を依頼できる弁護士特約とは?

    「損害賠償額の計算や請求方法に疑問があるため弁護士の助言を得たいが、費用が心配だ。交通事故の当事者となり、弁護士への相談を検討している方で、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。そうした方々が気軽に弁護士に相談できるようになる制度が、弁護士特約です。このページでは、交通事故にまつわるさまざまな法律問...

  • 交通事故の休業損害

    自賠責基準は、自賠責保険の基準であり、1日あたり5,700円(2020年4月1日以降の事故では6,100円)で休業日数と掛け合わせて計算がなされます。2つ目は、任意保険基準と呼ばれる基準です。任意保険基準の詳細については非公開ですが、後述の裁判基準に近いとされています。3つ目は、裁判基準です。弁護士基準は、裁判所...

  • 遺留分とはどんな制度?

    遺留分とは、相続人に法律上保障された、一定の割合の相続財産のことをいいます。遺留分が認められる相続人は、原則として、被相続人の配偶者か被相続人の子に限られます。 遺言の内容や遺贈、生前贈与などによって、遺留分が認められる相続人が、被相続人から遺留分未満の財産しか受け継ぐことができなかった場合は、財産を得た他の相続...

当事務所が提供する基礎知識

  • 物損事故から人身事故へ切...

    ■物損事故から人身事故に切り替えられる?結論から言えば、物損事故から人身事故に切り替えることは可能です。切り替えを行いた...

  • 相続放棄のメリット・デメ...

    遺産相続で受け継ぐものとしてよくイメージするものは不動産や預貯金などでしょうが、借金などの相続人にとって負担となるものも...

  • 休業損害証明書の書き方

    休業損害とは、交通事故にあって仕事を休まざるを得なくなってしまった場合の、収入の減少分をいいます。 休業損害に...

  • 資金調達

    事業承継には様々なお金が必要になります。例えば、分散した株式を買い取るための資金、贈与税や贈与税を支払うための資金など、...

  • 不貞行為(浮気・不倫)

    離婚問題においてしばしば用いられる言葉に、不貞行為というものがあります。このページでは、離婚に関するさまざまなキーワード...

  • 相続放棄の手続きや必要書...

    ■相続放棄とは?相続とは、亡くなった方が有していた一切の権利と義務を相続人が引き継ぐことをいいます。例えば、建物や土地と...

  • 示談交渉

    どのような交通事故であっても、発生するたびにほぼ毎回行われているのが、示談交渉です。このページでは、日常生活ではあまり耳...

  • 個人事業主の事業承継

    会社員や法人を設けておらず、個人で事業を行っている個人事業主の事業承継について見ていきます。 まず事業承継の方...

  • 損害賠償

    交通事故の被害に遭った際には、多くの費用がかかります。発生するさまざまな費用は、保険金や損害賠償を相手に請求することでカ...

  • 遺留分とはどんな制度?

    遺留分とは、相続人に法律上保障された、一定の割合の相続財産のことをいいます。遺留分が認められる相続人は、原則として、被相...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ