骨盤骨折 後遺症 / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 交通事故に関するキーワード > 骨盤骨折 後遺症

骨盤骨折 後遺症

  • 交通事故による骨盤骨折|後遺障害等級や慰謝料について解説

    そして、骨盤骨折により股関節の可動域が制限され、運動する際に障害が生じるような場合には8級7号、10級11号、12級7号のいずれかに該当する可能性があるといえます。また、骨盤を骨折し、痛みやしびれが生じるような場合には12級13号、14級9号のいずれかに該当する可能性があるといえます。さらに、女性の場合、骨盤骨折...

  • 後遺障害

    「後遺障害って、後遺症とは違うの?」と疑問を持たれた方も多いでしょう。結論から申し上げますと、「違う」ものです。みなさんが一般的にイメージされる後遺症といえば、むちうちや、半身不随、身体の一部の欠損などが挙げられると思います。後遺障害にそれらの症状が一切含まれないかというとそうではありません。後遺障害は、後遺症の...

  • 人身事故と物損事故の違い

    人身事故には、後遺症、とくに自賠法施行令に定められた条件を満たした後遺障害が残ってしまったケースも含まれます。 ■物損事故とは物損事故とは、文字通り『物が損壊されてしまった事故』をさします。人の乗っていない駐車中の車が壊されたり、営業中の店舗の一部が壊されたりといったケースが代表的な物損事故です。場合によっては、...

  • 自賠責保険・任意保険など交通事故に関する保険解説

    交通事故についてお悩みの方は、外山法律事務所までお気軽にご相談ください。「後遺症認定は後遺障害認定とは異なるの?」といったような、ささいな疑問であっても構いません。法律と交渉のプロである弁護士が親身に対応させていただきます。

  • 症状固定とは

    症状固定の診断を受けると、以降その症状については後遺症として扱われることになります。加害者側の保険会社からは、治療費の打ち切りが伝えられます。また、症状によっては後遺障害の認定を受けるための申請に移る場合もあります。 ■後遺症と後遺障害の違い後遺障害とは、自動車損害賠償保障法施行令に定められた後遺障害等級の認定を...

当事務所が提供する基礎知識

  • 財産分与

    みなさんは、財産分与という言葉をご存知でしょうか?「離婚を考え、調べていたら出てきたがよくわからない」「慰謝料と財産分与...

  • 不倫による慰謝料請求の時...

    ■不倫の慰謝料請求の時効は何年?不倫の慰謝料請求、すなわち不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条、710条)の消滅時...

  • 親権

    子どものいる夫婦が離婚を考える場合に、大きな問題となるのが親権です。「父親が親権を取ることはできないのか」「親権者が必ず...

  • 自賠責保険・任意保険など...

    「自賠責保険には加入しているが、交通事故の当事者となった際に問題はないのだろうか。」「任意保険に加入しているが、弁護士費...

  • 同乗者は慰謝料請求できる...

    ■同乗者も慰謝料請求ができる交通事故の被害にあった同乗者も、慰謝料請求ができます。慰謝料請求の相手方は、相手方または、相...

  • 婚姻費用

    離婚を検討した夫婦が、別居といった選択をした場合、しばしば問題となるのが婚姻費用の問題です。「婚姻費用ってなに?」「婚姻...

  • 脊髄損傷・脊椎損傷

    交通事故で脊髄損傷・脊椎損傷などの重傷を負ってしまったような場合には障害等級認定としてその症状に応じて別表第1の1級1号...

  • モラハラ夫(妻)と離婚す...

    モラハラ(モラルハラスメント)とは、言葉や態度により精神的な暴力や苦痛を与える行為のことをいいます。モラハラは、直接的な...

  • 物損事故から人身事故へ切...

    ■物損事故から人身事故に切り替えられる?結論から言えば、物損事故から人身事故に切り替えることは可能です。切り替えを行いた...

  • 相続放棄の手続きや必要書...

    ■相続放棄とは?相続とは、亡くなった方が有していた一切の権利と義務を相続人が引き継ぐことをいいます。例えば、建物や土地と...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ