遺産分割 / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 相続 > 遺産分割

遺産分割

故人様の遺産をそれぞれの相続人が所有できるようにするためには遺産分割をすることが必要です。相続が開始したからといってすぐに財産が手に入る訳ではなく、相続人で話し合いをしたり、手続きをしたりすることで相続は進行します。相続に関する手続きを理解し正当な主張をすることは相続問題の早期解決やご自身の相続分を守ることにも繋がります。ここでは遺産分割の流れについて解説していきます。

 

■相続財産・相続人・遺言の調査
遺産分割をするためには,相続人は誰なのか、どの財産が相続財産に当たるのかといったことは前提として調査しておく必要があります。相続人の調査は戸籍を取り寄せて行うこととなります。相続財産の調査はそれぞれの財産によって様々ですが、場合によっては故人様の財産を事実上管理している人に問い合わせて、相続財産の内容を開示するように請求することが必要となる可能性もあります。また、遺言がある場合にはその内容も相続人それぞれの取り分を決めていく上で重要です。遺言が存在するのかきちんと調査し、公正証書遺言でない場合には家庭裁判所での検認を行う等の手続きに従って内容を確認しましょう。

 

■遺産確定の訴え
相続財産に当たる財産は何なのかというそれ自体について争いがあるような場合には、遺産分割をするために、まずは遺産の内容を確定させる必要があります。これは、遺産分割協議や遺産分割調停の中で決められることは多くありますが、協議を始める以前に遺産を確定させるための訴訟を提起することも可能です。

 

■遺産分割の通知
遺産分割の手続きはまずは協議によって行うこととなっています。ここでいう協議とは遺産分割協議のことで、これは相続人全員で話し合いをするものです。協議を行うためにはそれぞれの相続人に対して協議を行いたいという旨の通知を出すことになります。この通知は相続人の間で争いが生じないような場合には口頭でおこなってもいいでしょうが、念のために配達証明付きの内容証明郵便で通知書を送付しておくことが望ましい形です。

 

■遺産分割協議
遺産分割協議はとくに形式が決められておらず、相続人全員が参加して話し合いをすれば足ります。相続財産の内容が明確で、それぞれの相続人がどの財産を受けるかについても争いがないような場合には、これで遺産分割の内容が決定します。相続人の間でトラブルが起こりそうな場合には、遺産分割協議を録音しておくことなども有効です。

 

■遺産分割協議書の作成
遺産分割協議で話し合いがまとまったら、その後トラブルが起きないように決まった内容を必ず書面に残しておくべきです。この書面が遺産分割協議書と呼ばれるものです。遺産分割協議書の書き方には特定の決まりはありませんが、公証役場で公正証書にしてもらうと、相続人のうちの誰かが決定を守らない場合にもすぐに強制執行などの手続きをとることができる確実さがあります。また、審判や訴訟になった場合にも有力な証拠となります。

 


このように、遺産分割には様々な手順があります。遺言がありその内容を相続人全員が受け入れられるような場合にはスムーズに終わるものですが、親族間でトラブルになってしまう可能性もあるものです。それぞれの段階において必要な知識を身につけ、手続きを進めてください。

 

外山法律事務所は、大阪市西天満を拠点としながら、東大阪市・八尾市・藤井寺市・大東市・堺市・吹田市・豊中市・和泉市・岸和田市など大阪府全域で活動しております。相続についてお悩みの方は、外山法律事務所までお気軽にご相談ください。ささいな疑問などであっても構いません。
法律と交渉のプロである弁護士が親身に対応させていただきます。

当事務所が提供する基礎知識

  • 養育費

    子どもを持つ夫婦が離婚する場合に問題となることの一つが、子どもの養育費です。「養育費はどちらが払うべきなのか?」「養育費...

  • 人身事故と物損事故の違い

    交通事故を大きく二つに分けると、人身事故と物損事故に分けることができます。皆さんも聞いたことがあるでしょうこの二種類の交...

  • 脊髄損傷・脊椎損傷

    交通事故で脊髄損傷・脊椎損傷などの重傷を負ってしまったような場合には障害等級認定としてその症状に応じて別表第1の1級1号...

  • 死亡事故

    交通事故の中でも、最悪のケースが死亡事故です。近年では、園児や小学生の列に自動車がつっこむといった、悲惨な事故も何例か起...

  • 症状固定とは

    交通事故による怪我の治療においてしばしば用いられる言葉に、症状固定というものがあります。このページでは、交通事故に関する...

  • 相続放棄の手続きや必要書...

    ■相続放棄とは?相続とは、亡くなった方が有していた一切の権利と義務を相続人が引き継ぐことをいいます。例えば、建物や土地と...

  • 休業損害証明書の書き方

    休業損害とは、交通事故にあって仕事を休まざるを得なくなってしまった場合の、収入の減少分をいいます。 休業損害に...

  • 財産分与

    みなさんは、財産分与という言葉をご存知でしょうか?「離婚を考え、調べていたら出てきたがよくわからない」「慰謝料と財産分与...

  • 物損事故から人身事故へ切...

    ■物損事故から人身事故に切り替えられる?結論から言えば、物損事故から人身事故に切り替えることは可能です。切り替えを行いた...

  • モラハラ夫(妻)と離婚す...

    モラハラ(モラルハラスメント)とは、言葉や態度により精神的な暴力や苦痛を与える行為のことをいいます。モラハラは、直接的な...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ