養育費の調停~申立て方法や手続きの流れなど~ / 外山法律事務所

外山法律事務所 > 離婚 > 養育費の調停~申立て方法や手続きの流れなど~

養育費の調停~申立て方法や手続きの流れなど~

養育費は、夫婦が離婚する際に未成年の子どもがいる場合に、子どもの監護をしない側の親に対して、子どもを育てるために請求する費用のことをいいます。
離婚の際に、養育費をいくらにするのかを夫婦間で決定しておくのが原則ですが、関係性が悪化した夫婦においてはこれを決めずに離婚してしまうことも多々あります。このような場合には、家庭裁判所に対して調停を申し立てて、養育費の支払いを請求することになります。

 

養育費の調停においては、家庭裁判所の調停委員の立会いのもと、当事者で養育費の支払いについて合意を行うことになります。

実際に子育てにいくらかかっているのか、両当事者の収入等を総合的に考慮して、当事者が納得のいく解決案を探していくことになります。

 

この調停を申し立てるためには、まず、養育費請求調停申立書、事情説明書、進行に関する照会回答書、連絡先等の届出書等の必要書類を収集するところから始めます。この他にも、子の戸籍謄本や申立人の戸籍謄本、申立人の収入を証明するための書類等も必要になります。
また、申立てに必要な費用としての、収入印紙1,200円(子一人あたり)、郵便切手代として約800円、必要書類の取得費として約900円なども準備する必要があります。


以上を収集し、必要事項を記載したら、これを管轄している家庭裁判所に対して提出します。
必要書類を家庭裁判所に提出して申立てを行うと、家庭裁判所において第一回調停期日が指定されます。調停においては、裁判官1名と調停委員2名が申立人と元パートナーとから交互に話を聞く形で話し合いを進めます。このような調停期日を1回、2回、3回、と継続していきます。

 

調停における話合いで養育費の内容について合意が成立した場合には、調停成立として終了することになります。

話合いで合意まで至らない場合には、調停不成立として終了します。
養育費請求調停が不成立として終了した場合、そのまま自動的に審判手続に移行することになります。
審判手続では、両当事者の主張内容や提出した証拠の内容から、家庭裁判所が一定の結論を下すことになります。

 

上記の通り、養育費の調停手続においても、審判手続においても、期待通りの養育費支払請求を行うためには適切な主張をし、適切な証拠を提出することが大切です。そこで、法律のプロフェッショナルである弁護士と協力しながら行うことをおすすめします。

 

外山法律事務所は、大阪市西天満を中心として、東大阪市、八尾市、藤井寺市、大東市、堺市、吹田市、豊中市、和泉市、岸和田市などにおいて、交通事故や離婚、相続、事業承継などのお客様のお悩みを解決しております。どんな些細なものでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 脊髄損傷・脊椎損傷

    交通事故で脊髄損傷・脊椎損傷などの重傷を負ってしまったような場合には障害等級認定としてその症状に応じて別表第1の1級1号...

  • 遺産分割

    故人様の遺産をそれぞれの相続人が所有できるようにするためには遺産分割をすることが必要です。相続が開始したからといってすぐ...

  • 遺留分とはどんな制度?

    遺留分とは、相続人に法律上保障された、一定の割合の相続財産のことをいいます。遺留分が認められる相続人は、原則として、被相...

  • 自己負担なしで弁護士を依...

    「交通事故の被害に遭ったが、示談交渉で加害者側が提示した内容に納得できない。弁護士に相談したい。」「損害賠償額の計算や請...

  • 症状固定とは

    交通事故による怪我の治療においてしばしば用いられる言葉に、症状固定というものがあります。このページでは、交通事故に関する...

  • 相続の流れ

    相続をするためには、死亡届の提出や遺言書の確認などの様々な手続きが必要となります。その手続きには期限が定められているもの...

  • 高次脳機能障害

    交通事故の被害にあってしまい高次脳機能障害を負ってしまった場合、相手方との間で損害賠償を求める際にはまず障害等級認定を受...

  • 交通事故の休業損害

    交通事故の損害賠償問題においてしばしば用いられる言葉に、休業損害というものがあります。このページでは、交通事故に関するさ...

  • M&A

    後継者が未定で事業承継ができない、そもそも会社を自分の代で畳もうと思っている、という経営者の方もいらっしゃるでしょう。こ...

  • 個人事業主の事業承継

    会社員や法人を設けておらず、個人で事業を行っている個人事業主の事業承継について見ていきます。 まず事業承継の方...

よく検索されるキーワード

担当弁護士紹介

石原弁護士の写真
担当弁護士
石原 明洋 (いしはら あきひろ)
所属団体
大阪弁護士会
最終学歴
平成24年 神戸大学大学院・法学研究科・実務法曹専攻卒
ご挨拶

外山法律事務所は、2004年4月、大阪市北区に誕生した事務所です。親しみやすい雰囲気づくりを心がけながら、取り扱い分野をしぼることでリーガルサービスの質を高めています。


当事務所では事務局スタッフがマニュアル通りに対応するのではなく、弁護士が親身になって対応しています。高齢者からのご相談が多いこともあり、依頼者のお話をじっくり聞くことを大切にしています。

事務所概要

名称 外山法律事務所
所属

大阪弁護士会、一般社団法人相続支援センター、会社法実務研究会、

独禁法実務研究会、知的財産法実務研究会、阪大IP研究、大阪商工会議所

代表者 外山 弘(とやま ひろし)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル3F
電話番号/FAX番号 06-6316-7111 / 06-6316-7117
対応時間 平日10:00~17:00(事前にご連絡頂ければ時間外も対応可能です)
定休日 土・日・祝日(平日が困難な方は予約頂けれは対応可能です。)

ページトップへ